サイト内検索

最近のブログ記事

カテゴリー

アーカイブ

FROM UP

FROM UPイメージ
チョッと気が早いのですが (2010/10/18)

 来春のシダス商品を紹介。成型インソール付のサンダルです。
 女性のアスリート・スポーツを楽しまれている方でインソールを作りに来られた方が、皆さん言われるのが、
『春・夏で多く履くサンダルにインソールを入れれますか?』です。
残念ながら、通常サンダルだと難しいです。入れる事ができても、靴の構造上インソールが機能しません。
 その点を解消し、調節・ホールドもしっかりできる様に作られています。履き心地・疲労感の軽減は実証済み。今迄の足の健康を考えた靴類はごつくデザイン的に今イチでしたが、カラーのチョイス・デザインも以前のものよりもスタイリッシュになり、いい感じです。
 本来多く履く機会のある靴にインソールを入れる事が、一番の足の改善になります。ですからスポーツをされる以外の時に、入れられる事をお勧めしています。ですが女性が多く履かれるサンダル類にインソールを入れられるモノがありませんでした。
 足でお悩みの女性の方には、オススメです(男性用もあります)。興味のある方は、お問い合わせ下さい。予約を受け付けています。

レディス・ヒールカウンター(他2カラー)

レディス・バックスストラップ(他1カラー)

レディス・スリップオン

ユーザー紹介2 (2010/10/15)

スキー以外のアトリエ・ユーザー紹介2です。
 今回は、郡山から猪苗代迄来て頂いたマラソンにトライしているT氏。
かなりの内反で、足の内側を使えなかった為、蹴り出しが弱く、疲れ易い症状。長距離を走るとヒザ・フクラハギに負担がかかっていた模様です。
 セミオーダー(セミカスタム)のランプラスTXで外側を少し高めに作り対応。ヒザもスムーズに前に出る様になりました。
その後に出来上がったインソールを入れて試走しにいった所、1区画の予定でしたが足が軽かったそうで随分と遠く迄行かれ、なかなか帰ってきませんでした。
 その後、ランナー仲間も紹介して頂きありがとうございました。
大会でのタイムは、どうだったでしょうか? タイム短縮できていれば良いのですが。

ほぼ入荷 (2010/10/13)

 今年は、ロシニョール商品の入荷が早く、この時期でオーダ分がほぼ出揃いました。残すはスキーとブーツが若干数のみ。
 スキーのオーダーを出された方には、オプション・チューンについてのメールを近いうちに出します。
 ブーツ入荷のご連絡した方で、まだブーツチューンの日程を決めてない方は、早目にご連絡下さい。そろそろご希望に添えない日もでてきています。福島県猪苗代町と遠い所になりますが、お待ちしています。
宜しくお願いします。

ユーザー紹介1 (2010/10/7)

 アトリエでは、スキー関係者ばかりではなく、色々なジャンルの方のインソールの対応もしています。今回は、サッカーのユーザー紹介です。実は私のジュニアが所属しているスポーツ少年団のサッカーチームのコーチS氏とジュニアの先輩O君です。
 S氏は外反ぎみでアーチの低下があったのですが、オーダー(カスタム)インソールでアーチを支える事で足当りがなくなり、疲労感が少なくなり試合でも90分間走りきれる様になったとの事です。
 O君は、かなり外反しアーチの低下があったのですが、ステップインタイプのインソールを入れ少し軽減できました。できれば矯正力の強いオーダー(カスタム)インソールで対応したいのですが、成長期ですぐに使えなくなってしまう為、ステップインタイプを使用しました。後からアーチの補強をしたら、少し良くなってきました。スパイク用の他に普段履きの靴にも入れているので、効果が出てきています。
 子供のインソールを対応する時に気が付くのは、ヒールカウンター(カカトの押さえ)が弱い、シャンク(カカトから足の曲がる部分まで装着されているプレート)がない靴を使われている方が多くいる事です。これを使っていくと、足の骨格が崩れ、問題を起こしかねません。この事は有名・無名メーカー、値段の高い・安い関係なくあります。靴選びのポイントは、シャンクが入り、ヒールカウンターがしっかりしている事です。
 またサイズについても、親が成長するからといって2cm近くも大きい靴を子供に履かせている場合が多い事です。これでは靴の中で足が動き、トラブルを起こし傷みにも繋がります。ハイヒール等を除き、靴は基本的にカカトで合わせ指先に1cm位の余裕があるものを選びましょう。
 先日TVでやっていたのですが、最近は足の骨格が崩れ、足の指を使えない子供が多くいるそうです。裸足で歩く事が少なくなった事、サイズが合っていない靴を履く事が影響しているとの事です。
 どんなに良いインソールを入れても、靴のサイズが合っていないと効果は出てきません。まずは足に合ったサイズの靴を履きましょう。これが重要です。
  

東京よりお越しです (2010/10/4)

週末ブーツチューンの為に、東京より内藤さんが来られました。福島県猪苗代町まで遠い所ありがとうございます。インソールを型取りし、カウンセリングし、ブーツののデータを取りました。来週グレスデンでテストされるとの事で、作業を進めています。少々お待ち下さい。既にインソールは滑走姿勢が変わる様に仕上げておきました。
またブーツが入りだしたので、ブーツチューンに先行してインソールの型取りを数件行いました。例年よりブーツの入りが早く、作る側としては、落ちついてできるので助かります。

木型イロイロ (2010/9/29)

ブーツチューンに必要な木型を色々と作ってみました。勢いで作って、あまり使わないかも知れないモノまであります。
これからオーダー(カスタム)インソールよりもブーツチューンの作業が増えてきますが、これでかなり作業が進みます。
ブーツチューンの予約がまだの方は、シーズン近くなるとかなり込み合いますのでお早めにお願いします。

木型イロイロ

Newマテリアル (2010/9/24)

今シーズンよりお世話になるマテリアルを紹介します。
それは、ストックのコンパーデルです。コンパーデルは、オーストリアの老舗のポールメーカーで、最近ワールドカップでも使用選手が大変増えてきています。主だった選手は、C.ヤンカ、T.リゲティー、D.B.オズボーン、M.ヒルシャー、S.ツルブリッゲン等で、その他にも多くの選手が使用しています。カーボン製を使っている選手が多いですね。
ストックの購入を検討されている方には、バランス良く軽量なモノでおススメですよ。
購入ご希望の方は、まだ少し在庫がある様なので、ご連絡下さい。

今年、初入荷 (2010/9/18)

ロシニョールからオーダーした商品が入荷し始めました。届いた商品から、オーダー頂いた方に随時連絡を入れていきます。ブーツのオーダーの方は、その後のチューンナップの日程を決めていきましょう。今月中にもう1回入荷予定です。

ロシニョール初入荷

ロシニョール初入荷

アインシュタインの眼 (2010/9/16)

インソールを販売していると足と靴をじっくりと見る事となりますが、靴のサイズが合っていない方(サイズが大きい方)が多くいます。それは、オーダー(カスタム)インソールを作っても効果が出にくくなります。
そんな靴のサイズと足の動き等に関して面白い番組ありましたので、紹介します。
NHKで放送している『アインシュタインの眼』です。スーパーカメラを駆使し、人の目には見えない秘密を解き明かす番組で、今回は『シューズ 疲れは足元から防げ!』。足裏のアーチ、指の動き、筋肉の使い方等、靴のサイズによってかなり違いがある事が映像で解ります。
興味のある方、足が疲れやすい方は、見てみるといいですよ。
映像の中で、一つ気になったのが、モデルとなったアナウンサーの方が、靴を履く時に紐を締め直しをしてない事です。これではサイズが合っていても問題が起こりやすくなります。
残念ながら再放送は、後1回だけの様です。
NHK BS2 9/17 PM8:00~8:44

アインシュタインの眼

欠かせない道具 (2010/9/14)

今日シダスから新しいシェルポンプが届きました。シェル加工には欠かせない道具で、これで作業が進みます。9月に入りニューブーツも入り始め、アトリエもスキーブーツチューンが中心になっていきます。シーズンが近くなって来ています。

シェルポンプ