サイト内検索

最近のブログ記事

カテゴリー

アーカイブ

FROM UP

FROM UPイメージ
菅平キャンプ3 (2012/12/24)

 3日目は、また一転して朝20cm位の積雪があり、降雪で寒い1日となりました。急斜面での基本となる動きと腰入れ内傾を強くする事を意識。急斜面の動きに変化が出て、更に基本トレーニングでのスキーの動きを目指します。

菅平キャンプ2 

 2日目は、昨日から一転して晴天のハードバーンの絶好のコンディションとなりました。ゲート・トレーニング初日としては申し分の無い条件でした。昨日迄の基本トレーニングの延長として捉え、ゲートを意識しすぎない様に滑る事を心掛けました。

菅平キャンプ 1 (2012/12/23)

 菅平年末/年始キャンプ、初日は菅平ではこの時期珍しいあいにくの小雨とガスでした。1日みっちりと基本トレーニング。スキーの性能を引き出すポジションをつかむ為のメニューをこなし、翌日からのGSゲートトレーニングに備えました。

ご無沙汰してます 

 ここ4週間位、依頼のブーツチューンのオーダーをこなす為に、ブログ・フェイスブックのアップができませんでした。どうにか全て無事に終了し、皆さんにお渡しする事ができました。スキーもリフター・ビンディングを取付け、全て完了。オーダー頂いた商品もほぼお渡しし、残りのモノも今週中に届きますので、もう少しお待ち下さい。
 現在はキャンプ開催の為、長野県菅平高原に来ています。雪の関係でいつ猪苗代へ戻るかは決定していませんが、アトリエの年内の営業は終了しました。今年は、昨年よりも多くの方にご利用頂き、本当にありがとうございました。来年も宜しくお願いし致します。年明けのアトリエの仕事始めはまだ決まっていませんが、近くになりましたらお知らせ致します。

2013シーズン・スケジュール (2012/11/23)

 アトリエ業務に追われ遅れていた2013シーズン・スケジュールをアップしました。12月1週目から雪上トレーニング開始です、今シーズンも宜しくお願いします。詳しくは、”CAMP&EVENT”をご覧下さい。
 併せて年間メンバーを受け付けています。参加予定回数が多い方は、お得になりますのでお申し込み下さい。特にジュニアは料金負担が少なくになっていますので、ご利用の上しっかりとトレーニングして下さい。詳しくは、”UP RACING”をご覧下さい。

ユーザー紹介79 (2012/11/14)

 ご近所からWさん親子をご紹介。娘のRちゃんがブーツ&インソール、そしてお父さんが仕事用のインソールをオーダー。
 以前Rちゃんはランニングシューズにインソールを入れる事で、それまでの足の痛みが解消されました。原因は外反からくるモノでしたが、今では足の運び方にも変化がでた模様。今回はスキー用を使用し、レベルアップを目指します。
 娘さんのを見たお父さんが立ち仕事での足の疲労を軽減できればと、今回利用されました。その後いかがでしょうか? 調子良ければ、次は成型タイプをご利用下さい。

コンディション・トレーニング6 (2012/11/12)

 週末は今年最後のコントレ6。半年間の成果を確認する為に測定を中心に行いました。それぞれ成果は違いますが、中には大きく結果が伸びた人もいて、体力アップ・動きの変化が確認できました。月1回のコントレ以外に個人でしっかりやっていた事の証です。
 この後は雪上でのトレーニングに移行していきますが、オフのトレーニングがどの様に結びつくか楽しみです。皆さんの今シーズンのステップアップを期待しています。そして半年間お世話になった山本トレーナーありがとうございました。また来年も企画しますので、宜しくお願いします。

 

ユーザー紹介78 (2012/11/8)

 今回は山形県からお越しの中学生S.K君。Rのジュニアチームである羽山スポ少の選手です。ほぼ1年振りに会ったのですが、身体が大きくなり大人っぽくなってビックリ。特に足のサイズが変わり26cmシェルになっていました。それも現状でピッタリでシーズン終了迄保つかが心配です。
 初選手用ブーツの為、インソール&チューンで対応。縦寸がギリギリだったので、センターを合わせて全体を収めるのに結構手間が掛かりました。その分ジャストフィットしているので力はしっかり伝わり、選手用の性能を引き出せるでしょう。もう少しで雪上ですが、今シーズンのステップアップを期待しています。大会でまた合いましょう。

熱には注意! (2012/11/6)

 チューン待ちのブーツが溜って来て、毎日作業に追われている今日この頃ですが、完成したブーツをは順次お渡ししています。その時にお客さんには、「直接熱風があたる様な所で乾燥させないで下さい」とお伝えしています。つまりヒーターの吹き出し付近やストーブの直ぐ前とかに置かないで下さいという事です。
シェル加工は、削りと熱加工で行っていますが、削りではシェルの厚みによりますが少ししか対応できない為、その多くの場合は熱加工でシェルを作っていきます。その為、高熱を加えると元の形状に戻ってしまいます。特に大幅にシェル出しを行ったブーツは注意して下さい。以外と皆さんがやっているスキー場迄の車の移動で、助手席の吹き出し口付近ブーツを置いているケース。車のヒーターの熱は意外と高く、これで元に戻してしまった方は多くいます。
写真のブーツは、昨年手間も掛かったブーツベスト3に入るモノ(センターから内外へ各2cm出し)で、そのブーツが元の形に近く戻ってしまい、再加工した後の姿です。この位形状を変えるブーツの再加工は、新品から作るよりも時間が掛かります。皆さん、加工後のブーツにはもう少し気を使ってやって下さい。お願いします。
 ちなみに今シーズンから、お客様の不注意による大幅な形状の戻りに関しては、有料とさせて頂いています(昨年迄はサービス)。その作業に余りにも時間が掛かり、他の方の作業へ、支障を来す為です。ですからもっとブーツを大事に扱ってやって下さい。アトリエからのお願いです。

ユーザー紹介77 (2012/11/1)

 今迄にも数回登場のW氏、今回は御夫婦で紹介。奥さんのウォーキング用のセミカスタムインソールとご主人のタビシューズ用のフルカスタムインソールを作製。
 身体のバランスが崩れていた奥さんは、その点が改善され歩幅も大きくなり歩くスピードが速くなったとの事。ご主人が使用のタビシューズは、お世話になっている山本トレーナーが開発されているモノで、指が使え足に良い刺激があります。インソールもタビの形状にカットし入れました。その後の使用感はいかがでしょうか?  毎度ありがとう御座いました。