サイト内検索

最近のブログ記事

カテゴリー

アーカイブ

FROM UP

FROM UPイメージ
菅平 年末/年始C 1/1 (2015/1/1)

2015年初トレーニングは、カモシカゲレンデで年始SL。ただ菅平では珍しい大雪でしたが、他の地域の情報からすると降雪量も少なく、トレーニングは十分できました。さすが菅平でした。
GSではR35・30mの曲げにくいスキーに格闘していた選手達は、その憂さを晴らすかの様に良く曲がるSLスキーで、ガンガン攻めていました。実に楽しそうでした。

IMG_3310 IMG_3315 IMG_3313

菅平 年末/年始C 12/30・31 

12/30の朝方は晴れていたのですが、その後小雪が舞う1日となり、今回初めてのカモシカ・ゲレンデでのGS。降雪でもバーンは硬めで、良いトレーニングができました。
そして今年最後のトレーニングは、ここ迄一番の天候で気持ち良く晴れました。昨日と同じくカモシカ・ゲレンデにてGS。天候もいいと気分も乗り、上達がかなり確認できました。

IMG_3303 IMG_3282 IMG_3292

IMG_0158_2 IMG_0140 IMG_0128

菅平 年末/年始C 12/29 (2014/12/29)

昨晩からの湿った雪が降り、気温も高かった為ガスが出て、菅平では珍しいコンディション。その為視界とバーン状態が悪いのでスピードを押さえ、ゲートの中で基本操作の反復練習となりました。こんな日もありますが、明日に繋がる内容でした。

IMG_3277 IMG_3274 IMG_3275

菅平 年末/年始C 12/27・28 (2014/12/28)

 菅平年末/年始キャンプは、猫魔スキー場が雪が豊富だった事で当初の予定よりも4日遅れでスタート。初日・2日目は種目GS、大松ゲレンデにてトレーニング。中・緩斜面でシーズンインには丁度良く、しっかりと動きを意識できました。2日目の天候は、12/28は菅平らしい気持ちい晴れで遠く富士山も見れました。

IMG_3254 IMG_3252 IMG_3248

IMG_0204_2 IMG_3259 IMG_3260

フリースキーTR (2014/12/24)

オープンから全コースオープンとなった積雪タップリの猫魔スキー場での2週に渡ってのフリースキー・トレーニングは、基本操作とポジショニングを中心に行ないました。今シーズンの課題が確認できました。そして次の菅平でのゲートトレーニングにつながっていきます。

IMG_3205 IMG_3208 IMG_3213

2015シーズン・スケジュール (2014/12/16)

 アトリエ業務に追われできていなかった2015シーズン・スケジュールをアップしました。問い合わせがあった方にはお知らせしていたのですが、大変遅くなり申し訳ありませんでした。 既に雪上でのトレーニングに入っていますが、今シーズンも宜しくお願いします。
 詳細はホームページ”CAMP&EVENT”をご覧下さい。

IMG_0398

ブーツ ハイトゲージ導入 (2014/11/9)

 FISのレギュレーションでブーツの高さ(踵下からブーツソール迄の間隔)が43mmになっていますので、それをチェックする為、ハイトゲージを導入しました。 1/100mmm迄計測でき、今迄よりも正確に測る事ができ、安心してブーツをお渡しできます。
 ただしあくまでも参考数値でオフィシャルではないので、大会会場でレース前に計測される事をお勧めします。
 過去アッププレインで、ブーツ・チューンナップのアドバンス及びスタンダード・チューンをされた方は、無料にて計測させて頂きます。 それ以外の方は、3,000円(税別)でお受けできます。

IMG_2821 IMG_2814

オフトレ (2014/10/27)

 もう10月も最終週末、この時期としては暖かい中オフトレを開催。今までのフィジカル的なメニューから雪上につながるイメージ的な内容の種目を多く取り入れながら行ないました。
 この後シーズン迄は、毎週末1日は開催していく予定で、シーズンに向けて身体もモチベーションも上げていきましょう! 参加希望の方は、御連絡下さい。

IMG_2691 IMG_2702 IMG_2699

シェル加工完了 (2014/10/8)

 この処のシェル加工についてのブーツの出来上がりは、写真の様になりました。片方は未加工の同サイズのブーツで、比べてみると元々のフォルムとかなり違うモノになっています。特に親指・小指サイド・アーチ上部は、形状が大きく変わっています。小指サイド・親指部分は、熱加工だけではスペースが足りず、内側もかなり削っています。
 基本的にはブーツ設計の形状を活かしていきたいのですが、技術レベルによりラストの狭いブーツを履かざる得ない方は、ストレス無く使用でき運動を考えるとこの様な形となってきます。出来上がったモノは、長時間スキーをしても疲れる事無く、パワー伝達も良くなり、ターンの左右差の少ないスキー操作が可能となります。
 今シーズン加工したブーツの中で、このブーツは一番の手間と時間が掛かりました。多分この後も含めて今シーズン一番のモノになると思います。ですがレベルアップ・戦績アップに繋がれば幸いです。山形県の高校生ですが、今シーズン期待してますよ!

IMG_2353 IMG_2355

ジンギスカップ (2014/10/6)

 今年もアテンドしてきましたジンギスカップ。雨が降り出してくる予報だった為、時間マキマキで進行し最後のエリートクラス前までは雨に打たれずすみました。子供達は濡れずに済み、いい判断でしたね。
 例年の様にスーパーバイザーの竹谷氏が先導・アドバイザーにと大会を盛り上げてくれて、スタッフが精力的に動き、参加者が1日楽しめた大会でした。
 アトリエ的には仕事は少なかったのですが、 アトリエ利用者が多く参加され、コミュニケーションをとる事ができ優勝・入賞と活躍され、私も楽しませて頂きました、関係者の皆さんありがとうございました。

IMG_0006 IMG_0013 IMG_0025