サイト内検索

最近のブログ記事

カテゴリー

アーカイブ

R&L New BOOTS

 2018モデルのロシニョール&ラングのブーツについて詳細を説明します。
 R&L共にWCにつていはデザイン変更・マイナーチェンジで、基本的には大きく変更はありませんが、それ以外のロシニョールの130以下・ラングのRSシリーズは、全面的にモデルチェンジします。
 まずはシェルがデュアルコアシステムで、硬軟の硬さの違う2素材を5つのポイントから注入し、硬さ・軟らかさが必要な場所ごとに2素材の割合を変えています。その結果ブーツに力を加えた際にシェルの歪みが少なく、的確なパワー伝達ができます。また15%軽量化を実現。
モールドも変更。トゥーボックスの形状が変わり、今までよりも親指のスペースができ、足全体が外を向くことが少なく、スキーのトップ方向に向きやすくなります。バックシェルも変更でサポート力が強くなりました。
 次にインナーブーツは、ニューデュアル3Dインナーに変更。今までよりも立体的な形状で、インナーが足とシェルとのそれぞれの隙間を少なくし、高いフィット感を得られます。
 言葉では伝えきれない部分も多いのですが、WCとは違いラスト幅97/100mmで履きやすく.疲れないブーツでありながら、トータルでより高いフィット感があり、パワー伝達が向上し、高性能なブーツに仕上がっています。
 チューンナップをする関係で、来シーズンの他社さんのブーツも足入れをし、変更点なども確認していますが、今シーズン一押しのブーツになってますので、是非お試し下さい。

IMG_1213 09Feb01700000000000000000020 IMG_1214


Facebook  

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.upplain.com/archives/5934/trackback